スタッドレスタイヤの寿命について

スタッド レスタイヤの寿命は、以前と比較すると各メーカー技術革新により伸びています。

寿命は、使用頻度や期間、保管方法によって異なりますが、一般的には3シーズンは使用可能で、4〜5シーズンまでは使用できると言われています。

寿命を見極めるポイント

スタッドレスタイヤの寿命は、溝の深さだけでなく、ゴムの硬化がどれだけ進んでいるかも重要なポイントです。タイヤを触ってみて硬くなっている場合は、スタッドレスタイヤの効果は期待できないでしょう。

また、溝の深さが新品の時から50%に減るとプラットホームと呼ばれるタイヤの寿命を示すサインが現れます。このプラットホームが露出するとスタッド レスタイヤとしては、使用できないといえますので、新しいタイヤに交換しましょう。

先にも述べましたが、少しでも長持ちさせるには、正しい保管方法で寿命を延ばすことができます。

スタッドレスタイヤの寿命を延ばす正しい保管方法

保管場所としては、雨や直射日光が当たらない日陰などで、風通しが良く湿気や熱気のない場所が最適です。また、保管前には、しっかりと汚れを落とし、よく乾かしてから、市販の専用のタイヤラックで保管するとベストです。

  • 直射日光や雨、水、油類、ストーブ類の熱源および電気火花の出る装置に近い場所などを避けて保管しましょう。
  • タイヤ単体での保管の場合、特に内面に水や異物が入らないように保管します。
  • 長期間、取り外し保管すると、タイヤ内部の薬品などが滲み出て床を汚す場合がありますので避けて下さい。
    もし床面に保管する場合は、段ボール等厚い敷物をご使用ください。
  • タイヤ・ホイールセットでの保管の場合は、接地部の変形を抑えるため、なるべく横置きに保管します。
    また、空気圧を使用時の50%程度に下げ、ホイールパルプにはパルプキャップを取つけて保管してください。

TestSite.com MENU

Copyright (C) スタッド レスタイヤ 激安情報 All Rights Reserved.